「SiteGuard WP Plugin」 の導入


昨今、Wordpressのプログラムの脆弱性を利用した不正ログインや改ざんなどの攻撃が非常に増加しています。都度、WordpressのVer Upで対応をしていますが個人としてもSecurity対策にもっと目を向けなければなりません。株式会社ジェイピー・セキュア(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:菅原修、以下「JP-Secure」)から、2014年10月24日、日本語対応のWordPress用セキュリティプラグイン「SiteGuard WP Plugin」の無償提供が開始されました。完全日本語対応で導入も容易な「SiteGuard WP Plugin」はWordpressユーザーにとって非常に朗報です。

SiteGuardメニュー画面 導入方法はいたって簡単で、Wordpressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」→「プラフイン検索」欄に「SiteGuard WP Plugin」と入力、エンターキーを押下し、インストールします。インストール終了後はプラグインを「有効化」します。以上の操作で、Wordpress管理画面、左メニュー欄に「SiteGuard」のメニュー(左画像参照)が追加されます。

SiteGuardダッシュボード画面 このプラグインのメニューからもわかるように、すべて日本語ですのでインストール後は項目ごとの説明を読みながら任意に設定してみてください(右画像参照)。

なお、注意する必要がある箇所は「ログインページ変更」を「ON」にした場合、「変更後のログインページ名」を忘れないようにしてください。

「SiteGuard WP Plugin」を導入することによりブルートフォース攻撃、リスト攻撃等の不正なログインからの防御ができるようです。Wordpressユーザーにとってこのプラグインは必須ではないでしょうか。

 

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

 

営業日 カレンダー

最近のコメント


    Top